自己紹介

自分の写真

あなたをニヤニヤさせるおじさんです

2017年4月1日土曜日

好奇心が男をつくる by 「枯れない」男の流儀【書評】





潤いが足らないので。








自己啓発が大好きだ!





「枯れない」男の流儀





気になって読んでしまうんです。こーゆーの。
「男の在り方」的な。

日々生活してますと色々な事がありまして

30年以上経っても
「おれってダサイな~」と感じることが多いんです。



男に生まれてきた以上
かっこいい男になりたいですからね。



もちろん
「男の流儀」は人それぞれ違うと思いますが

「かっこいい」と思える人の話を手っ取り速く聞けるので
こーゆー系の本は買ってしまうのです。



軽くレビューしていきますね。




捨てられる男たち





定年退職になった夫が余暇を使って
妻を旅行や映画や食事に誘っても
彼女たちは喜ばないそうです。



口うるさいだけの枯れたおっさんと居るより
友達と出掛けた方がドキドキするマダムたちは

面白くない夫に見切りを付けて
勝手に自分で自分の人生を謳歌してます

その究極が
熟年離婚ってやつですね。



子供も自分で家庭を持ったりで家を出て
ようやく夫婦ふたりっきりの時間



束の間



いきなり
「あなた面白くないから離婚してください」
って言われて

元嫁は第二の人生を謳歌する



自分は
金もない趣味もない友達もいない
子供に煙たがれて行くところもないなんて

目も当てられないですね。



これはイヤだ(´;ω;`)



確かに
そーゆー夫婦を見ると

夫の方は人生あきらめてる感が漂ってますが
妻の方はまだまだドキドキしたいっ!感が出てますねえっちだなあ

ここが重要なポイントなんです。



つまり妻は
夫にドキドキしてれば
見捨てることはしないはずなので


ドキドキしたいなら
させてやろうじゃまいか(:.;゚;Д;゚;.:) ←上から目線



すご~い♥(´∀`*)って言わせてやれ!えっちなやつらだ!



レディをドキドキさせる存在でなければ
男に生まれた意味はない!






私に熟年離婚はありえない。



結婚していないからだ。



by でら幸太





0 件のコメント:

コメントを投稿